肘痛はストレッチが効果的

肘痛はストレッチが効果的なのをご存じですか?
力が入らなかったり、曲げると痛みが出るなど、なかなか治らないという人も少なくありませんね。

 

 

そして、物を掴んだり、持ったり、投げたりと様々な動きが出来るのは、肘が手の動きを制御しているからです。
しかし、肘に支障が起きれば、日常生活に不自由を強いられてしまいます。

 

 

では、なぜ肘に痛みがでるのでしょうか?
主な原因は、仕事や家事、スポーツなど色々ですが、肘を無理な体勢で捻じったりなどして動かすことで、肘関節に繋がる筋肉や靭帯に疲労が生じ負担がかかることで起こるのです。

 

 

とは言え、肘は身体を支えている膝関節などに比べて、大きな障害などは少ないのですが、仕事やスポーツ等で、肘の曲げ伸ばしを頻繁に行うことによって痛みが出るようになり、ゴルフや野球、テニス肘などは良く聞きますよね。

 

 

ですが、実際はゴルフや野球などのスポーツなどをしなくても、肘や手の使い過ぎによって、同じ様な症状が出ることも多いのです。
更に、手首を使い過ぎても起こります。

 

 

それというのも、手首を動かす際には、肘と繋がってる筋肉が使われるので、使いすぎたりすれば肘が炎症を起こして痛みが出るのです。
そして、肘が痛くなると、そこをかばうようになって使わないようにしたり、体の動きが小さくなったりすることで、ますます硬くなって痛めやすくなり、悪循環に陥ってしまいます。

 

 

そんな肘痛を解消する一番効果的なのは、無理のない範囲で動かすことです。
そこでお勧めなのがストレッチです。

 

 

やり方はとても簡単です。
肘を斜め下に伸ばして、手首を下に曲げてその状態を5〜10秒程度ほど保つようにします。
次にそのままの体勢で上に手首を反らして、同じ時間キープするようにします。このストレッを様子を見ながら、次第に回数や時間を増やしていくと良いでしょう。

 

 

なお、腕や手に痛みが出る肘痛は、首や肩が原因で症状が出るることがありますので、痛みがある部位に湿布や注射などをして一時的に良くなっても、根本から改善しないと再発を繰り返すようになります。
したがって、日頃からストレッチを日課にして、柔軟性や筋肉を高めて痛みのない生活が送れるようになりましょう。

 

 

根本から原因を取り除き短期回復が期待できる画期的な治療法

 

【福辻式】腱鞘炎改善プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

腱鞘炎を予防するには?
腱鞘炎は自分で予防出来ますので、再発しないように知っておきましょう。
腱鞘炎の症状
腱鞘炎を改善するには、その症状を正しく知っておくことが大切です。
一般的な腱鞘炎の治し方
現在行われている一般的な腱鞘炎の治し方についてお伝えしています。
テニス肘の痛みを解消する方法
自分でテニス肘の痛みを解消する方法を紹介しています。
手首痛に効くツボ
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
テニス肘の症状と原因
テニス肘の症状と原因を解説しています。
手首の痛み腫れに効くストレッチ
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
バネ指の治し方
腱鞘炎を自分で改善するうえで知っておきたい、ばね指の治し方についえお伝えしています。
更年期世代にも多い腱鞘炎の対策
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
ゴルフ肘の症状と治し方
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
ドケルバン腱鞘炎・バネ指・テニス肘のアイシング
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
バネ指の痛みをとるストレッチ
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
内側や外側の肘痛の原因
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
腱鞘炎はストレッチが効果的な理由
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
腱鞘炎の解消は姿勢の見直しから
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。