バネ指の治し方

バネ指でお悩みではありませんか?
バネ指は、手の指に起きる腱鞘炎の一種で、指の曲げ伸ばしの際にガクッというように、指がバネ仕掛けように動く症状から、ばね指と言われています。

 

 

バネ指は、手を良く使う方の親指、中指、薬指に多く発症し、男性はもちろんですが、比較的中年女性に多く見られます。
痛みや指のひっかかり強くなると指の曲げ伸ばしが出来なくなり、仕事や日常生活にお支障をきたす場合もあります。

 

 

また、バネ指は整形外科で注射や、ロキソニンとボルタレンなどを処方されたが、病院での治療ではかなか良くならないという人も少なくありませんね。
バネ指の多くは使いすぎで起こることから、一般的にはテーピングやギブス等で固定して安静にし、痛みが酷い時は消炎鎮痛剤を使います。

 

 

指や手というものは、日常生活で繊細な動きが求められ、使う機会も多く、それだけ負担が掛かります。
その上、パソコン作業やスマートフォンでのメールの打ち込み、重い荷物を持つ、指や手に負担をかけるスポーツ、更には加齢によっても負担が増えてきます。

 

 

少し痛いだけ、疲れているだけと、そのまま放置してしまうと知らない間に症状が悪化していることも良くあります。

 

 

そして、指は腱があることで曲げ伸ばしができ、腱は腱鞘というトンネル状の鞘の中を通っていて、指の使いすぎで腱と腱鞘の間が擦れて炎症が起こることから、治し方としては痛みの出ない範囲でマッサージやストレッチをして指を柔軟にすると良いでしょう。

 

 

また、指や手にも筋肉があり、言うまでもなく、筋肉が弱ければ、少し使っただけで疲労してしまうので、筋肉が強い人に比べてバネ指などの腱鞘炎を発症するのも多くなると言えます。

 

 

実際にバネ指は、再発が多いので、日頃から指や手を適度に動かして筋力をつければ痛みを防ぐことも出来ます。
いずれにしても、「患部を固定すればよくなります。」と言われても、仕事などもあれば完全に固定するのは難しいと思いますし、固定したままだと何かと不便ですよね。

 

 

この福辻式腱鞘炎改善プログラムでは、「ばね指」根本改善ストレッチなど、患部を固定しなくても14日で痛みなく動かせるようになる方法から、再発を防ぐトレーニング方法まで分かるので、今の辛い症状も無理なく根本から改善することが期待出来るでしょう。

 

バネ指の治し方をお教えします!

指ガックン、指のこわばりを取り去る「ばね指」根本改善ストレッチとは?

 

【福辻式】腱鞘炎改善プログラムの詳細を見てみる

 

 

関連ページ

腱鞘炎を予防するには?
腱鞘炎は自分で予防出来ますので、再発しないように知っておきましょう。
腱鞘炎の症状
腱鞘炎を改善するには、その症状を正しく知っておくことが大切です。
一般的な腱鞘炎の治し方
現在行われている一般的な腱鞘炎の治し方についてお伝えしています。
テニス肘の痛みを解消する方法
自分でテニス肘の痛みを解消する方法を紹介しています。
手首痛に効くツボ
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。
テニス肘の症状と原因
テニス肘の症状と原因を解説しています。
手首の痛み腫れに効くストレッチ
腱鞘炎を改善するうえで知っておきたい基礎知識をお伝えしています。